HOME > 新着情報 > ふろしきの「構図」を知ると、ふろしきの”柄見せ”が上手くなる!

ふろしきの「構図」を知ると、ふろしきの”柄見せ”が上手くなる!


「ふろしき包みを素敵に見せる近道」=”構図” を知っていますか?

kouzu_top.jpg

ふろしきの「構図」とは、「包んだ後、どう見えるかを意識した柄の配置」のこと。構図にはパターンがあり、各柄はそれに基づいてデザインされています。構図を知っていれば、簡単に柄を活かした包み方が出来ます。でも、知っている方はあまり多くありません。

 

実店舗に来られるお客様からも「どうやったらふろしきの柄をうまく見せて包めるの?」とよくご相談をいただきます。

“包んだ時にふろしきの柄を上手に出せるか自信がない…”

 “ふろしきのデザインを活かして包みたいけど、どうやればいいかわからない…”

そんなお悩み・疑問をお持ちの方に、ぜひ知っていただきたいふろしきの「構図」について、ご紹介します。

 

基本の「構図」の2パターンをご紹介

ここでは「構図」のパターンを2つご紹介します。

 

①片身替わり(かたみがわり)

「片身替わり」は色・柄が異なる2つの三角形が組み合わさったように配置されているのが特徴。

ふろしきで包むときは、基本的には自分に対して菱形に広げて包み始めるので、自然と左右で色や柄が分かれているような見え方になります。

そうすると仕上がりも左右対称の色・柄となります。(結び目も!)

1.jpg

70ハレ包み/片身替わりアカ で「お使い包み

 

2.jpg

70光悦ちりめん/桜 で「二本包み

 

②枠取り

「枠取り」は名前の通り、ふろしきの縁に枠がついたような配置になっています。

必ず結び目に枠の部分が出てくるのが良いアクセントになります。

 

3.jpg

チーフ竹久夢二/いちご で「ふたつ結び

 

4.jpg

100ひめむすび/菊レッド で「しずくバッグ

 

このふろしきでは、赤・ピンクと色鮮やかな菊の花で円く枠取りをしています。

バッグにすると、華やかな縁取りと、あえてシンプルにした中央部分とのコントラストが楽しめます!

 

 

「構図」を楽しめる、6つのおすすめ商品

「構図」はむす美のふろしきの多くに用いられています。こことでは、おすすめのものをサイズ別にご紹介します!

 

約50cmサイズ(小物のラッピングなど)なら⇒50ひめむすび、48コチャエ

5.jpg

50ひめむすび 鶴/ターコイズ で「おつかい包み

広げると同じ方向を向いて飛んでいる鶴が、包むと向きを変え面白いニュアンスが加わります。

 

6.jpg

48どうぶつコチャエ ネコ/ピンクブルー で「しずくバッグ

写真の様にしずくバッグにすると、反対側に白猫の顔が出て、2つの表情を一度に楽しめます!

楽しいキャラクターの表情と構図にこだわったコチャエシリーズは、ギフトラッピングにもぴったりです。

 

70cmサイズ(菓子折りや瓶包みなど)なら⇒70ハレ包み、70光悦ちりめん

7.jpg

70ハレ包み/片身替わりアカ で「コサージュ瓶包み」

瓶を包んでも、「片身替わり」効果で左右に色が分かれます。左を白、右を赤にすれば水引と同じ配色でおめでたい仕上がりに。

 

8.jpg

70光悦ちりめん/四角取名物裂グリーン で「コサージュ瓶包み」

瓶包みの写真は、上の70ハレ包み/片身替わりアカと同じ包み方ですが、構図が異なるとこんなにも表情が変わります!

「枠取り」と今回はご紹介しきれなかった「四角取り」(色や柄の異なる四角が互い違いに組み合わさった配置)が中心に入っている、「構図」のダブル使いの1枚です。

 

約100cmサイズ(バッグ使いなど)なら…100MUSUBI ORGANIC、100ひめむすび

9.jpg

100MUSUBI ORGANIC/まるピンク で「クロワッサンバッグ」

1つの円と2つの半円を組み合わせただけのシンプルな構成ですが、自然な色の重なりによって奥行きが生まれています。

バッグにすると、いくつもの色が”チラ見え”するおしゃれな仕上がりに♪

 

10.jpg

100ひめむすび/梅ピンクブルー で「おでかけバッグ

こちらもブルーの梅とピンクの梅との「片身替わり」。

写真ではピンクの梅の方が映っていますが、持ち手にブルーの梅が”チラ見え”して華を添えてくれています。

 

まとめ

風呂敷のデザインのパターン、「構図」を少し知っていれば『あ、これって包んだら変化が出てきそう!』と発見が増えてきます。

いろいろな包み方を覚えなくても、風呂敷包みが自ら”変身”してくれる効果を持つ「構図」。

ぜひ意識して風呂敷を選んでみてください♪

ブログトップ