HOME > 新着情報 > 【日曜日の初耳学】より、時代の流れがわかる・年代別落とし物ランキング

【日曜日の初耳学】より、時代の流れがわかる・年代別落とし物ランキング


林修先生でおなじみ、毎日放送の制作・TBS系列の【日曜日の初耳学】より、時代の流れがわかる・年代別落とし物ランキング。

先日の放映では、警視庁に届いた年代別の落とし物が、クイズ形式で出題されました。ふろしきも見事ランクイン!落とし物で時代の流れがわかるおもしろいテーマでした。

日曜日の初耳学ってどんな番組?

『日曜日の初耳学』は、いま知っておくべき話題のトレンドを、物知りな林先生とやさしく掘り下げ、日曜の夜をちょっとだけ元気にするバラエティ。(MBS公式HPより抜粋)

hatsumimigaku_112601.png

年代別の落とし物ランキング

hatsumimigaku_112602.jpg

こちらが警視庁に届いた、年代別の落とし物ランキングです。

まずは、前回の東京オリンピックの年、1964年(昭和39年)から。

【1964年の落とし物ランキング】

1.傘

2.衣類・履き物

3.銭入れ

4.ふろしき

5.書籍

ふろしきも、なんと4位にランクイン。この当時は、ふろしきが当たり前のように使われていたことが分かりますね。

番組では、「インフラ整備によって移動手段が増えたことで、遠出する人も増え、ふろしきの忘れ物が多くなったのでは」と分析されていました。

 

東京オリンピックから25年、落とし物の中身も大きく変わります。

【1989年(平成元年)のランキング】

1.傘

2.証明書・カード類(免許証・クレジットカード等)

3.財布

4.衣類

5.かばん類

相変わらず、傘は堂々1位!そしてふろしきは、ランク外となりました。

 

そして1年前のランキングです。

【2020年の落とし物ランキング】

1. 証明書類(免許証等)

2. 有価証券類

3. 衣類・履物類

4. 財布類

5.傘

この50年、大きく時代が変動していることを表す、とてもおもしろいデータですね。これからの時代、どんなものがランクインするのでしょうか。

ブログトップ