HOME > 新着情報 > 【検証】パッチンのサイズが変わると、ふろしきバッグの容量・使い勝手はどう変わる??

【検証】パッチンのサイズが変わると、ふろしきバッグの容量・使い勝手はどう変わる??


梅雨ですね…!蒸し暑い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

今日は、夏の浴衣姿やふだんのお洋服にも合う、【ふろしきパッチン】のお話です。

簡単に口の開閉ができて、ふろしきがバッグに早変わりする、便利な道具・【ふろしきパッチン】。

pacchin0713_01.jpg

【ふろしきパッチン】には、【大】【小】2つのサイズがあります。

pacchin0713_031.jpg

左:【ふろしきパッチン】ナラ ¥2,970(税込)

右:【ふろしきパッチン】mini ナラ ¥2,420(税込)

70センチサイズのふろしきには、【大】【小】どちらのパッチンでも使えます。

そこで「結局どちらがいいの?」というギモンにお答えすべく、検証してみました!

 

バッグの形に違いはある?

pacchin0713_0101.jpg

ふろしきは、撥水加工の 70伊砂 アクアドロップ ハートカズラ シュ を使いました。

pacchin0713_02.jpg

左: パッチン【大】

右:パッチン【小】

形にさほど大きな違いは見られませんでした。

容量の違いはある?

pacchin0713_04.JPG

今回は、ポーチ、長財布、折りたたみ日傘、500mlのマイボトルを入れました。

どちらも同じだけ入りましたが、パッチン【大】の方が少し余裕がありました。

口の開き方・出し入れのしやすさは?

 pacchin0713_032.jpg

こちらは一目りょう然。

パッチン【大】の方が、口が大きく開きます

ただし、パッチン【小】でも、長財布やマイボトルのような大きめアイテムをストレスを感じず出し入れできました。

 

しかし、大きく違いを感じたのは!!

 pacchin0713_05.JPG


「”折りたたみ日傘”
(※)の出し入れのしやすさ」でした。

※畳んだ状態で約33㎝のものを使用。

パッチン【小】では袋の口で引っかからないよう、注意が必要でした。

「”折りたたみ日傘”は、必須アイテム!」

という方は、ストレスなく出し入れ可能なパッチン【大】がベターだと思います。

お手持ちの荷物とあわせてご検討してみてくださいね。

まとめ

70㎝サイズのふろしきで、パッチンの【大】【小】を検証。

下記にまとめると・・・

・形に違いはある?
   →  ほとんど違いはありませんでした。

・バッグの容量に違いはある?
    →  同じだけ入りますが、【小】より【大】の方が若干の余裕があります。

・口の開き方は?出し入れのしやすさは?
   →【大】の方が大きく開きます。

        折り畳み日傘が必需品という方は【大】
        小さなものがメインという方は【小】でもOKです。

簡単に口の開閉ができて、ふろしきがバッグに早変わりする、便利な【ふろしきパッチン】

70㎝サイズのふろしきに合うサイズ選びの目安になれば幸いです。

*パッチンのカラーや素材・サイズは「リング・パッチン」ページでご覧ください。

 

こちらのブログでも【ふろしきパッチン】の容量をご紹介しています!

 

【ふろしきパッチン】もしくは【いちごリング】を購入された方に、ご指定のふろしきと組み合わせて【バッグにしてお届け】する特別キャンペーンも開催中!

「バッグにしてお届け」キャンペーン

ブログトップ