HOME > 新着情報 > 【新商品】「70 ひめむすび」誕生のひみつ。

【新商品】「70 ひめむすび」誕生のひみつ。


 

新作発売の季節がまたやってきました。

ご紹介するのは9/24発売開始の、パリ在住のフランス人デザイナー:アデリーヌ・クラムさんとのコラボレーションシリーズ、【ひめむすびAdeline Klam】に加わる70cmサイズの4商品

パリと京都という長い距離を越え、オンライン上で長い時間をかけてアデリーヌさんとやりとりを重ねて、完成した新商品。その誕生秘話をたどってみましょう。弊社の「開発担当」へのインタビュー形式でご紹介します。

 

 

【70 ひめむすび】は2柄✖︎2色展開

70cmの新作は、「つばき」「シトラス」の2柄それぞれに2色展開。

「つばき」

 

−【ひめむすび】シリーズは、50cm・100cmでも「牡丹」や「菊」といった花を描いていますね。なぜ今回は「つばき」にしたんですか?

 

開発担当)

ギフトラッピングにも使用できるよう、ギフトにしやすい人気の花を選びました。

アデリーヌさんに様々な花のモチーフを見せた中で、つばきの柄がお気に入りでもありました。既存の商品では竹久夢二が描いた椿がありますが、少し古典的なので、今回はボカシをなくしたり平面的でPOPなイメージになるように努めました。

−同じ「つばき」の花でも、比べてみると全然印象が違いますね!1枚の中で2色のお花が咲いているのも、夢二版と違うところですね。包んだ時にも両方の色が出て鮮やかです。

 

「シトラス」

 

「シトラス」は「柑橘類」を意味する英語ですが、何か具体的なモチーフにしたものはありますか?

 

開発担当)

モチーフとしては柚子を描いたのですが、どの季節にも使用できるようにシトラス(柑橘系)という柄名にしました。この柄は、もともとアデリーヌさんが思い入れのある千代紙のデザインがヒントになっています。

 

特に葉のテイストは、アデリーヌさんと何度も相談した部分です。

葉脈を入れるか入れないか、全くのベタ塗り(陰影などをつけず1色だけで塗ること)にしたり、線書きにしたりと色々なパターンを作成し、現在のシンプルなデザインに決めました。ベタ塗りや線書きの部分を異なる色で表現することで単調さが無くなり、奥行きのあるデザインになっています。

−本当ですね!ベタ塗りの葉っぱだけで4色くらいありますね。

線書きの葉も薄い色は奥に、濃い色は手前にあるように見えます。効果的でおもしろいですね。

 

他の【ひめむすび】シリーズとは生地を変えました

−50cm・100cmにつづき、新作の70cmもオーガニックコットン100%(GOTS認証)を使用していますね。ただ、触った感触がこれまでと違っていますが?

 

※ちなみに…「オーガニックコットン」については、こちらのブログでご紹介しています。

 

開発担当)

今回の新商品は、生地や加工がこれまでのものと異なります。

生地は、太い糸と細い糸が交差して表面に立体感が出る、麻のような雰囲気を持った仕上がりになっています。

−手触りはサラッとしつつも、細かな凸凹があります。表面がフラットだったこれまでの【ひめむすび】とは違いますね。厚手というわけでは無く、ソフトな生地感なので初心者の方でも包みやすそうです。

 

開発担当)

生地の加工方法も変えています。

50cm・100cmの【ひめむすび】はコットンの素朴な色合いを表現するために、漂白をしていません。そのため、植物の破片などによる黒い点が生地の表面に残ることがあります。今回は、これまでとの違いを出すために、オフホワイトに生地を晒してから背景色を入れたデザインにしているため、黒い点はできません。

 

異文化の感覚の違いを活かす

ーアデリーヌさんは大の日本好きと伺っています。それでも商品開発の中で日本とフランス、2つの文化の違いを実感することがあったそうですね。

 

開発担当)

フランスの方は、ふろしきを飾る用途として使用することが多いので、アデリーヌさんもふろしきを1枚の絵としてとらえることが多かったように思います。わかりやすいのが「シトラス」。果実のついた木が空に向かって生い茂る様子を描いています。そのまま広げて飾ると、本当に1枚の絵のようです。

むす美として、広げた時だけでなく包んだ時の美しさも大切にしています。Skypeで何度も話し合い、包んだらどういう風に見えるかなど、画面上で見せながらのやり取りに苦労しました。最終的に、包んだ時の柄の出方までこだわった、完成度の高い商品になったと思います。

※おすすめの包み方については、来週公開予定のオンラインショップ商品ページでご紹介します。

 

 

色使いで言えば「つばき」「シトラス」どちらも、2つの配色のうち片方は実物に即した配色をお願いしました。反対に、もう一つは”アデリーヌさん好み”の自由な配色になっています。

−そう言われると、どれが”アデリーヌさん好み”の配色か、わかりやすいです。

 

開発担当)

「つばき/サーモンピンク」と「シトラス/ローズピンク」ですね。日本人にとっては非現実的な色味も入っていますが、むしろそれを楽しんで、季節を問わず使っていただきたいです。

 

−ファッションのアクセントとしても使いやすい色ですね。どれを選ぼうか迷ってしまいます。

 

さいごに

―まもなく発売スタートですね。お客様へのメッセージをお願いします。

 

開発担当)

遠く離れたパリにいるアデリーヌさんと何度も打ち合わせを重ね、ようやくみなさまにお届けできるのを大変嬉しく思っています。

「つばき」と「シトラス」、どちらもモチーフは「和」にゆかりのあるものでありつつ、配色は「洋」に寄った「和洋折衷」の魅力があります。70cmサイズなので、ちょっとした物を持ち運びできるサブバッグ、そしてエコラッピングにも活躍してくれます。

 

《こんなシーンにおすすめ》

・「つばき」の華やかさを活かして、母の日や結婚などのハレの日のギフトに

・「シトラス」なら、フルーツを使ったお菓子・お酒、オーガニックコスメのラッピングに

・ふろしきバッグにして、洋服はもちろんのこと着物姿にも合わせて、”私好み”のコーディネート作りに

 

シーンや包む物に応じて、組み合わせを楽しみながら使っていただけると嬉しいです。

気になる価格や、おすすすめの包み方来週公開商品ページでお伝えします。発売は9月24日(金)開始です。もうしばらくお待ちくださいませ。

 

\新商品発売に合わせ、お得なキャンペーンも開催!/

▶詳しくはこちら

ブログトップ