2023年06月16日

【様々な形状のバッグにOK!】突然の豪雨・レジャーにアクアドロップでカバーリング

梅雨に台風、ゲリラ豪雨など、天候が変わりやすい昨今。
「急な雨でバッグが濡れないかどうか心配」、「明日は海に行くけど、お財布やスマホはいつもの使い慣れたバッグに入れておきたい!でも、バッグが汚れたり、濡れないかな・・・」

そんな夏ならではの【水に濡れやすいシーン】には、撥水加工【アクアドロップ】がおすすめです。

こちらのブログでは、
・ショルダーバッグ
・ボストンバッグ
・ハンドバッグ

動きやすさから人気の
・リュックサック
・ボディバッグ
・サコッシュ
・巾着バッグ
など、バッグ本体の【形・素材・肩紐の長さ】を問わず様々なバッグに対応するカバーリングをご案内いたします。

◼️通勤、通学に便利!包んで突然の雨から守るリュックカバー

雨の日のリュックスタイル。
傘をさしていてもリュックが濡れてしまう…と悩まれた方の多いはず。

「アクアドロップ」は軽量&コンパクトに折り畳み可能。
さっと包み込みだけでリュックサックを雨から守ってくれます。
常に1枚持ち歩いておくと安心の強い味方です。

◼️雨予報や、レジャーの予定に、事前に備える【クイックバッグ】スタイル

「明日はちょうどお出かけの時間に雨が降りそう。」

「明日はレジャーでバッグは濡らさないようにしたい。でもお財布やスマホはいつものバッグに入れておきたいな。」

そんなときは、事前に備えて準備ができる【レジかごバッグ】としてもおすすめの【クイックバッグ】スタイル。

【 バッグを包む手順

shoulder22007_0502.jpg

1.バッグの形に合わせて、片側の左右の角を真結び

2.もう片側の角も、真結びします。

動画でもチェック!

お財布やスマートフォンなど、必要なものを取り出したいときに、さっと取り出せるのもうれしいポイント。

移動中は、口を真上よりも自分側にずらすようにすると、中に雨が入る心配もありません。

気に入ったデザインのふろしきで、機能も充実!明るい気持ちでお出かけできそうです。

【クイックバッグ】スタイルにおすすめのふろしきサイズ

定番【ハンドバッグ】、動きやすい【ボディバッグ】、【サコッシュ】【巾着バッグ】などには、中サイズの【70アクアドロップ】がおすすめで、

 ノートパソコンやA4書類が入る大きめのバッグや【ボストンバッグ】には、大サイズの【100アクアドロップリサイクル】【100アクアドロップコットン】がおすすめです。

◼️突然の雨にも対応【おでかけバッグ】スタイル

「急に雨が降ってきて、人込みでふろしきを広げる場所もない」
そんな時には、立ったまますっぽりカバーできる【おでかけバッグ】のスタイルがおすすめです。

【 バッグを包む手順

shoulder22007_20.jpg

1.【しずくバッグ】の最後、真結びをする手前のところまで作ります。(【おでかけバッグ】動画の35秒のところまで)
2.お手持ちのバッグと、ふろしきバッグの底を合わせます。
3.【おでかけバッグ】を仕上げます。
4.持ち手を自分側に収めたら、完成!

■お出かけバッグの作り方

【ポイント】

本体の▲印の部分を引っ張れば、口が開き、持ち手をひっぱれば口が閉じるため、移動中にもお財布等の取り出しが可能です。

「バッグ全体をすっぽり覆いたい」
「持ち手ごとしっかりカバーしたい」そんなときにも【おでかけバッグ】がおすすめです。

【おでかけバッグ】スタイルにおすすめのふろしきサイズ

バッグの形・大きさを問わず、すっぽり収められる大サイズの【100アクアドロップ】【100アクアドロップコットン】がおすすめです。

◼️まとめ

大切なバッグを濡らさない!ショルダーバッグのカバーリングについてご紹介しました。

  • 雨予報に事前に備える、レジャーにいつものバッグをもっていく時には、バッグの形状にフィットしやすい【クイックバッグ】スタイル
  • 急な雨に降られて、ふろしきを広げる場所がない!そんな時にはすっぽりバッグをカバーできる【おでかけバッグ】スタイル

どちらも大切なバッグをしっかりカバーできて、必要な時に中身を取り出せます。ぜひお試しください。

▼今回ご紹介したカバーリングの、おすすめアイテムはこちら▼
・70アクアドロップ
・100アクアドロップ
・100アクアドロップコットン

instabana_3.jpg