HOME > 新着情報 > 秋の衣替えに役立つ、ふろしき収納テクニック

秋の衣替えに役立つ、ふろしき収納テクニック


衣替え 収納

夏の暑さが和らいできたこの頃。9月も後半に差し掛かると、1日の中で寒暖差が広がり、朝晩に肌寒く感じる日も増えてきます。

そうなると考えるのは「衣替え」ですよね。
一般的には「秋の衣替えの目安」として、最高気温が15~20℃の間が目安と言われています。

〈衣替えの目安気温〉

最高気温15~20℃最高気温22℃以上最高気温15℃以下
春・秋冬

秋の衣替えの時期、夏にお世話になった洋服や物の片付けが始まります。ふろしきを使った便利な収納方法をご紹介します。

扇風機の収納、ホコリ除け

まずは夏にたくさん働いてくれた扇風機。

扇風機 収納 ホコリ除け

Before

扇風機 収納 ホコリ除け

After

70cmふろしきで包むと、ホコリ除けカバーの完成です。

扇風機の後ろのミシンも、90cmのふろしきで包むことで、クローゼットの中でむき出しだった状態から随分スッキリできました。すぐ使いたい時には、そのまま運べて機能的です。

今年の夏もお疲れさまでした。来年もよろしくお願いしますね♪

▶扇風機カバー、ミシンのカバーの詳細

クローゼットの収納テクニック

お布団・敷物などの大物をすっぽりカバー

続いてはクローゼットの収納テクニックを見てみましょう!

畳んでそのまま収納していたお布団も、150cmの大判ふろしきがあれば全体をすっぽり包めます。

クローゼット 収納 大判ふろしき ふとん

Before

クローゼット 収納 大判ふろしき ふとん

After

包む前よりもクローゼットの見た目を綺麗にできました。
包む物の形にしっかりフィットさせたり、そのまま収納袋になったりするところがふろしきの便利なところ。

クローゼット 収納 大判ふろしき ふとん

見た目良く仕上げるには、折り込んだ隙間の中に手を差し込んで、余っている生地をグッグッと入れ、形を整えるのがポイントです。

ストール・ベルト・手袋など「すぐ取り出したい」小物をまとめる

クローゼット ストール ベルト 収納

さらに、ふろしきで「しずくバッグ」を作り、上の結び目をレールに通すだけで、小物などを入れる収納バッグに早変わり。

ストールやベルト、ニット帽・手袋などを入れれば、横が大きく空いているバッグの為、使いたい時にさっと取り出すことができます。片付ける時もすっきりコンパクトに収まります。

ふろしきを使った収納のポイント

  • 大きさによってサイズを選ぶ
    ふろしきの対角線の3分の1の大きさがおすすめ
ふろしき 包む物 目安
  • 収納するものによって素材を選ぶ
    湿気に弱いものならコットンやリネンなど、吸湿性のある素材が◎

  • 外から中身の違いが分かりやすいようにする
    「春物なら梅・桜柄」「冬物なら椿」など季節の柄・色で分けると、ほどかなくても中身がわかりやすくなりそうです。

100均などで売られているクラフトタグもおすすめ。「夏物トップス」など中身の特徴を書いて、真結びしたところへ吊るしておけば、一目瞭然ですね。

  • 無駄な出費が減らせる
    ふろしきは1枚で何通りもの収納グッズの代わりになるので、家計にやさしいアイテムです。

普段はエコバッグやテーブルクロスなどに使って、使わない時はこのように収納に活用すると、ふろしきを賢く使えて無駄がありませんね。

意外な使い方として、トイレットペーパーを包む「映える収納」もできます。

トイレットペーパー
トイレットペーパー

▶トイレットペーパーの包み方

秋は気温差も大きく変わりやすい季節なので、ゆっくり2~3週間の期間をかけて衣替えをするのがおすすめです。ふろしきを使って楽しく、インテリアにも映える衣替えをされてみてはいかがでしょうか。

もっとふろしきの使い方を知りたい方はワークショップがおすすめ!

ワークショップは店舗とオンラインの2種類あります。 

日常ですぐに使える包み方を学べる講座を豊富に揃えています。ぜひお気軽にご参加ください。

むす美オンラインショップでお買い物していただいた方には「無料チケット」をプレゼント中!

むす美 Instagram

ブログトップ