HOME > 新着情報 > 正倉院

正倉院

第73回 正倉院展が明日からスタート


 

第73回正倉院展が明日10月30日から11月15日まで開催されます。

画像は正倉院展公式ページより

 

【正倉院展】のポスターは毎年9月頃から駅構内や街角のあちこちで見かけるようになります。それを見つけると「あぁ、また秋が来たんだな…」と実感します。これって、近畿圏住民あるあるかもしれません。

 

【正倉院展】とは

【正倉院】は奈良時代に建立された東大寺の倉庫の名称。聖武天皇の遺愛品を中心に約9,000件の宝物が現在まで伝えられています。

【正倉院展】はその中から60件ほどを選び公開する展覧会です。

 

1400年も前の宝物が今も見られる、とても貴重なものなんですね。日本最古のふろしきもこちらに収められているんですよ。

 

むす美ふろしきと【正倉院展】

むす美のふろしきには【正倉院】由来の文様を使ったふろしきがいくつもあります。

 

格調高い文様、リーズナブルな価格「和音」シリーズ

「和音」シリーズは、112㎝と大判サイズで、広げるとその世界観を堪能していただける、格式高い美しさを染めで表現しています。

 

実際に使うと…

テーブルの上に広げるとテーブルクロスに。

112和音 花氈 ベージュ ¥2,750(税込)

 

外出の際には持ち手のついた【おでかけバッグ】に早変わり。

112和音 双鳥文 アイ ¥2,750(税抜

 

クッションカバーとしてインテリアの一部に。 やり方も実は簡単。お弁当と同じ要領でクッションを【おつかい包み】するだけなのですぐ出来ます。

112和音 円鏡 ムラサキ ¥2,750(税抜)

 

高品質でありながらもリーズナブルな価格のため、記念品や内祝の贈り物に人気です。

はじめから箱入りなのもうれしいポイントですね。

 

オリエンタルな雰囲気漂う精緻な文様を織り出した「正倉院裂」シリーズ

正倉院に今も残る絹織物は、羊毛製の氈(セン:毛織の敷物)で現存する日本最古の物。

それを最新の技術を使い、綿織物で表現したのが120cm「正倉院裂」シリーズです。

 

文様には唐とペルシャの文化がみごとなまでに融け合い、均整のとれた美しさを醸しだしています。正倉院裂の名に恥じない、オリエンタル感覚あふれる逸品に仕上げております。

 

大判のふろしきは包むだけでなく、手軽にインテリアに活用できます。

こちらはソファーカバー。

120cmあるので座面クッション、背クッションまで覆いかぶせる事ができます。

 

ジャガード織で裏側にも繊細に文様が織り出されているため、あえて裏面を見せるのもおすすめ。表と裏で色のコントラストが生まれ、よりメリハリの効いたインテリアに早変わりします。

お部屋の模様替えに大判のふろしきを活用されてはいかがですか?

 

120正倉院裂 \8800(税込)

こちらも箱入りで販売しています。目上の方への贈り物や退職祝などの贈答用にもおすすめです。

 

明日から始まる【正倉院展】は、当日券の販売は無く前日までの事前予約が必須とのこと。実際に行かれる方はご注意くださいね!

芸術の秋!正倉院展のみどころ。


いつもむす美オンラインショップをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

 

芸術の秋が到来しますね。秋は国内外問わず有名絵画・作品が一同に見られる絶好のチャンス。

その中でも毎年多くの注目が集まるのが奈良国立博物館で10月24日(土)~11月9日(月)に開催される「正倉院展」。

正倉院は奈良時代に建立された東大寺の倉庫で、聖武天皇の遺愛品を中心に約9,000件の宝物が現在まで伝えられています。正倉院展はその中から60件ほどを選び公開する展覧会です。

 

なんと今年の正倉院展は弊社のふろしき和音シリーズのモチーフにもなっている「平螺鈿背円鏡」・「花氈」が公開になります。

平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)

鏡背(きょうはい)を螺鈿(らでん)や琥碧(こはく)、玳瑁(たいまい)といった珍奇な素材で装飾した白銅(はくどう)製の鏡。鏡背の文様は、小花文を連珠状に連ねた界線で内区と外区に分かつ構成をとる。内区は鈕(ちゅう)(つまみ)を中心として八方に花文を配し、外区は獅子や犀(さい)を小花文で囲んだモティーフを主文(しゅもん)として、周囲を鳥や唐花の文様でにぎやかに埋めている。また、これらの文様の間隙(かんげき)にはトルコ石の細片がちりばめられ、青や緑の輝きを放つ。

和音 円鏡 ムラサキ

花氈(かせん)

花氈は文様(もんよう)を表したフェルトの敷物で、羊毛に湿気や熱を加えながら圧力をかけ、繊維を縮絨(しゅくじゅう)させてつくられる。従来、フェルトの文様表現については、ベース(地氈(じせん))に文様のパーツとなる羊毛材料を嵌(は)め込(こ)む手順が想定されていた。しかし、近時の調査で、文様のパーツを配置した上からベースの羊毛をのせ、縮絨させる方法によりつくられたことがわかり、中央アジアなどに残る伝統的技法と共通していることが指摘されている。

※展示では一対の大きな円形の花文(かもん)を表し、四隅に草花文、長辺の中央に草花と山岳文を配したデザインのものが展示されます。

和音 花氈 ベージュ

 

観覧には予約・発券が必要とのことなので気になる方はぜひ奈良までGO TOトラベルしてみてください!

むす美◇正倉院裂で華やかGift のご提案


「むす美◇正倉院裂で華やかGift のご提案」

おおきに~★ 風呂敷専門店「むす美」事務のヤマグチです★

 

 

本日はこちらのお風呂敷

 

h27.11.27.gazou.001.jpg

正倉院裂(葡萄唐草文・ムラサキ)

 

 

正倉院裂は正倉院に残る日本最古の織物を西陣織の最新技術で綿織物で表現しておりまして

柄を織り込まれた生地はとても高級感があり、華やかです。

 

こちらのお風呂敷を使って むす美 からのGiftのご紹介は

 

h27.11.27.gazou.002.JPG

 

年末年始の贈り物などいかがでしょうか?

今回もむす美スタッフ大瀧にステキに包んでもらいましたよ。

大瀧には、この大きさの品物をこの風呂敷で包んでもらいたい。

用途は年末Giftです。

というところからのこちらの提案になります。

むす美ではお客様のご要望に、お客様と一緒になって考え、より満足していただける

ご提案をさせていただいております。

 

どうでしょうか?

 

写真のような風呂敷ラッピングを提案されたら、うれしくなりませんか?

忙しい師走の前に、むす美からのご提案でした!

 

 

それでは~☆  風呂敷専門店「むす美」事務のヤマグチでした☆

 

ブログトップ