HOME > 新着情報 > 記念品

記念品

第73回 正倉院展が明日からスタート


 

第73回正倉院展が明日10月30日から11月15日まで開催されます。

画像は正倉院展公式ページより

 

【正倉院展】のポスターは毎年9月頃から駅構内や街角のあちこちで見かけるようになります。それを見つけると「あぁ、また秋が来たんだな…」と実感します。これって、近畿圏住民あるあるかもしれません。

 

【正倉院展】とは

【正倉院】は奈良時代に建立された東大寺の倉庫の名称。聖武天皇の遺愛品を中心に約9,000件の宝物が現在まで伝えられています。

【正倉院展】はその中から60件ほどを選び公開する展覧会です。

 

1400年も前の宝物が今も見られる、とても貴重なものなんですね。日本最古のふろしきもこちらに収められているんですよ。

 

むす美ふろしきと【正倉院展】

むす美のふろしきには【正倉院】由来の文様を使ったふろしきがいくつもあります。

 

格調高い文様、リーズナブルな価格「和音」シリーズ

「和音」シリーズは、112㎝と大判サイズで、広げるとその世界観を堪能していただける、格式高い美しさを染めで表現しています。

 

実際に使うと…

テーブルの上に広げるとテーブルクロスに。

112和音 花氈 ベージュ ¥2,750(税込)

 

外出の際には持ち手のついた【おでかけバッグ】に早変わり。

112和音 双鳥文 アイ ¥2,750(税抜

 

クッションカバーとしてインテリアの一部に。 やり方も実は簡単。お弁当と同じ要領でクッションを【おつかい包み】するだけなのですぐ出来ます。

112和音 円鏡 ムラサキ ¥2,750(税抜)

 

高品質でありながらもリーズナブルな価格のため、記念品や内祝の贈り物に人気です。

はじめから箱入りなのもうれしいポイントですね。

 

オリエンタルな雰囲気漂う精緻な文様を織り出した「正倉院裂」シリーズ

正倉院に今も残る絹織物は、羊毛製の氈(セン:毛織の敷物)で現存する日本最古の物。

それを最新の技術を使い、綿織物で表現したのが120cm「正倉院裂」シリーズです。

 

文様には唐とペルシャの文化がみごとなまでに融け合い、均整のとれた美しさを醸しだしています。正倉院裂の名に恥じない、オリエンタル感覚あふれる逸品に仕上げております。

 

大判のふろしきは包むだけでなく、手軽にインテリアに活用できます。

こちらはソファーカバー。

120cmあるので座面クッション、背クッションまで覆いかぶせる事ができます。

 

ジャガード織で裏側にも繊細に文様が織り出されているため、あえて裏面を見せるのもおすすめ。表と裏で色のコントラストが生まれ、よりメリハリの効いたインテリアに早変わりします。

お部屋の模様替えに大判のふろしきを活用されてはいかがですか?

 

120正倉院裂 \8800(税込)

こちらも箱入りで販売しています。目上の方への贈り物や退職祝などの贈答用にもおすすめです。

 

明日から始まる【正倉院展】は、当日券の販売は無く前日までの事前予約が必須とのこと。実際に行かれる方はご注意くださいね!

新商品「鮫小紋 金封ふくさ」入荷のご案内


いつもむす美オンラインショップをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

 

本日9日17時30分より販売の新商品「鮫小紋 金封ふくさ」のご案内です。

鮫小紋金封ふくさは外側に鮫小紋、内側に桜の小紋を配しています。

鮫の皮はかつてどの皮よりも厚く硬いと信じられていたことから、厄除けや魔除けの意味が込められており、鮫小紋は中に入っているものの邪気を払い護ってくれると言われています。桜はサクラサクという言葉があるように、大願成就の象徴とされています。また良縁が実るという意味合いもあり、恋愛だけでなく、人との良いご縁を結ぶといわれています。

 

鮫ムラサキグリーン

鮫アカキ

鮫テツローズ

鮫ピンクカラシ

鮫ブルーパープル

 

入学・卒業のお祝いや、卒表記念品などのギフトとしても人気です。

名入れロゴ入れ(ペンテックスのみ)をされるのも特別感が出ておすすめです。

ブログトップ