HOME > 新着情報 > 【ふろしき屋が考察】『鬼滅の刃』伝統文様に隠された意味③

【ふろしき屋が考察】『鬼滅の刃』伝統文様に隠された意味③


昨年から今年のはじめにかけて、一大ブームを巻き起こした人気漫画と言えば…『鬼滅の刃』
今秋にはアニメ2期となる「遊郭編」の放送を予定。

それに合わせて9月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、23日(木・祝)の5日間にわたってアニメ『鬼滅の刃』竈門炭治郎立志編が放送されます!そして25日(土)には『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の放送も控えています。

実は『鬼滅の刃』は、ふろしき屋にとってもワクワクする作品。
登場人物が着ている衣装の「文様」は、むす美の風呂敷でも使われている日本の伝統的な「文様」なんです。

『鬼滅の刃』には魅力的なキャラクターがいっぱい!第3弾をお届けします。

 

今回は、鬼殺隊の育成を行う炭治郎の師匠、鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)にまつわる文様です。

 

鱗滝左近次の「波文様」、「瑞雲柄」 

 鱗滝左近次の衣装は、「波文様」と「瑞雲柄」です。

kimetsu03_urokodaki.jpg

 

「波文様」・「瑞雲柄」の意味は?

 kimetsu3_seikaiha.png

「波文様」は、無限に広がる波に未来永劫永遠の平安の意味が託されています。

「波文様」にはバリエーションがあり、さまざまに変化する波にあわせて、青海波、大波、小波、波頭、白波、立浪、荒波などの名前があります。

「瑞雲柄」とは、おめでたいことがある前兆として現れる瑞祥という雲を文様化したものです。古来、雲は気象を左右する不思議なものであり、様々な形に変わる雲に吉凶の意味を持たせてきました。雲は雨を呼ぶことから実りと豊穣を表し、良き事を呼び寄せ運気上昇の願いを表します。これまで多くのこども達を最終選抜に送り込んできた、鱗滝左近次。鬼を退治し、人々の暮らしに永遠の平安が訪れてほしい、そんな願いを胸にして、この着物を着ているのかもしれませんね。

 

「波文様」を使ったむす美のふろしきは?

kimetsu3_sakuraseikaiha.jpg

チーフ福むすび さくら/青海波 パープル/ブルー¥770(税込)

福むすびシリーズに昨年秋、新しい柄が登場しました。

実は表裏に違った柄を組み合わせた新作ふろしきを企画する際、柄同士の関係性を、とても意識してデザインしています。この柄は「大願成就」や「良縁」を意味する桜と、「未来永劫」の願いが込められた青海波を組み合わせ、「成就したことが、ずっと続いていきますように」という想いが込められています。受験生のお弁当包みや、バレンタインやホワイトデーにいかがでしょうか。(開発担当者による「新福むすびシリーズ」誕生秘話はコチラ

 kimetsu3_sakuraseikaiha_bento.jpg

「良縁」を意味する桜に”つがい”がさりげなく描かれているのもポイントです♪

 kimetsu3_sakuraseikaiha_bird.jpg


「瑞雲柄」を使ったむす美のふろしきは?

kimetsu3_karacho_hira.jpg
45 唐長 正絹ちりめん友禅 天平大雲 ウスキ ¥6,600(税込)

400年もの歴史を今につなげる唐紙屋・唐長とむす美によるふろしき。

唐長は、代々受け継がれた板木を使い、江戸時代より唯一途絶えることのなく続いている唐紙屋として知られています。和紙に文様をのせた唐紙は 建造物の襖や壁紙として用いられ、桂離宮、二条城など 歴史的建造物の襖を手掛けていることでも有名です。

kimetsu3_katsurarikyu.jpg

こちらはその一例で、桂離宮の「月波楼」という秋のお茶室の襖紙です。

文様を彫った板木は650種類以上あり、近年では襖や壁紙だけでなく、ポストカードや照明のカバーなど、現代のライフスタイルに合わせた新しい提案も試みています。

そんな唐長の代表的な文様のひとつ「天平大雲」の雲文は、三つの雲塊を細い尾で連結した大胆な連雲文で、天上に大きくうねる雲は、とても縁起のいい瑞雲です。

京都は四条烏丸の商業施設COCON KARASUMA の外壁でも使われています。

(COCON KARASUMAさんのHPより)

一度見たら忘れられない印象的な文様ですね。そんな唐長の「天平大雲」がむす美のふろしきにも描かれています。

格式高い正絹ちりめんの生地をあしらった、中巾(約45センチ)サイズ。ぜひ、ふくさとしてお使いいただきたいです。

kimetsu3_karacho1.jpg

当店では、ふくさは卒業祝いに選ばれるギフトNo.1です。「実りと豊穣」や「運気上昇」という柄の意味からも、人生の門出を迎える大切な方へのギフトに最適ですね。

 

まとめ

第三弾『鬼滅の刃』の文様に秘められたメッセージを風呂敷屋が解説!は、 鱗滝左近次にまつわる文様として、「波文様」「瑞雲柄」をお届けしました。みなさまも文様が持つメッセージを込めて風呂敷を選び、ギフトとして贈ってみてはいかがでしょうか。

次回は丹治郎が鬼殺隊に入るきっかけをつくった「富岡義勇」(とみおかぎゆう)をご紹介いたします!お楽しみに。

 

これまでのブログはこちらからご覧になれます。

ブログトップ