• キーワードから探す
  • のし・ギフトラッピング 無料
  • 型名入れ ロゴ・家紋
  • 初めてのふろしきセット
  • 店長ブログ
  • 風呂敷の豆知識
  • 風呂敷の包み方
  • 動画一覧
  • オンラインワークショップ
インフォメーション

TOPページ > 全商品一覧 > 素材から選ぶ > 正絹(絹100%) > 中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色

商品画像

中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色
中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色
拡大 Prev Next

正絹うずらちりめん風呂敷
通常のちりめんが、ヨコ糸に右撚りと左撚りの糸を2本ずつ交互に織るのに対して 「うずらちりめん」は4本ずつで織っています。
通常のちりめんよりもシボが大きく、しなやかで深みのある表情が、よりグレードを高めています。
他とまったく違う、最上級の絹のとろっとした肌触りをご堪能ください。

・サイズ:約45cm ・素材:絹 100%
※絹はデリケートな素材のため、お手入れはドライクリーニングとなります。(水に濡れると生地が縮みます。)

中巾正絹うずらちりめん色の彩時記【木箱入】 鳶色

商品番号 30611-127

価格8,000円(消費税込:8,800円)

【無料ラッピング】種類
のし紙:上(表書き)
のし紙の文言:下(お名前)
【名入れ】(有料)
名入れをご希望の方は
こちらの商品とは別に買い物カゴに入れてください↓↓
●こちらの商品で可能な【名入れの種類】
【ペンテックス】330円(3文字まで)
【刺繍】660円(3文字まで)

※4文字以上は別途料金がかかります
【名入れの注文手順】はこちら
数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

正絹 ふろしき お祝い ギフト プレゼント

ふっくらとした厚みと深さのある
最上級のちりめん
通常のちりめんよりシボ(凹凸)が大きく
よりグレードの高さを感じる1枚です。
活用シーン
正絹 ふろしき お祝い ギフト プレゼント

最高級のふっくらとした質感のうずらちりめんは、袱紗としてお使いいただくと、フォーマルで上品な印象になります。

正絹 ふろしき お祝い ギフト プレゼント

絹で織り上げたふろしきは上品な光沢と美しい発色に優れており、婚礼や目上の方へのご挨拶などあらたまった場面に最適です。

正絹 ふろしき お祝い ギフト プレゼント

ギフト用途の場合は、名入れをされるとよりパーソナルで想いのこもった贈り物になります。ご自身でお使いになる場合も、特に紫色は他の方が持っている場合も多いので、自分の名前を入れるのもおすすめです。

色の意味
正絹 うずらちりめん ギフト 桐箱 しょうけん 高級
古代紫(コダイムラサキ) [中巾二巾]

紫色は、日本で古代より特別な意味を持っており、平安時代には高い位の象徴であると同時に、気品や風格、優雅といった様々な美を備えた色として尊ばれています。慶弔問わず使えて、一家に1枚あると重宝する色です。

正絹 うずらちりめん ギフト 桐箱 しょうけん 高級
藤色(フジイイロ) [中巾二巾]

花が風に散る姿「風散(ふぢ)」に由来する、藤の花の色にちなんだ色名です。平安朝の装束の襲(かさね)の色目に使われていたり、江戸文学にも登場する、古くから人気のある色です。慶弔問わず使えます。

正絹 うずらちりめん ギフト 桐箱 しょうけん 高級
鉄紺(テツコン) [中巾二巾]

藍染めの色の一種で「鉄色(暗い緑色)」を帯びた「紺色」で、わずかに緑みがかった深みのある濃い紺色です。カッコよく、粋な色なので、男性へのギフトにもおすすめです。

正絹 うずらちりめん ギフト 桐箱 しょうけん 高級
利休(リキュウ) [中巾二巾]

茶道を大成させた千利休にちなんだ茶みのかかった緑で「利休茶」とも呼ばれます。暗すぎず、明るすぎないので慶弔以外のお見舞いや快気祝いなど、幅広いシーンで使いやすい色です。

正絹 うずらちりめん ギフト 桐箱 しょうけん 高級
紅梅(コウバイ) [中巾二巾]

紅梅の色名は「枕草子」や「源氏物語」をはじめ、季節の彩りを尊ぶ王朝の貴人たちに愛されてきました。年齢を問わず女性の美しさと可愛さを引き立ててくれる色です。

正絹 うずらちりめん ギフト 桐箱 しょうけん 高級
鳶色(トビイロ) [中巾二巾]

鳶の羽のような濃い褐色を指し、江戸時代の茶系の代表的な色名の1つで、男性の着物の色として流行しました。渋すぎず、ほのかな赤みの鮮やかさもあり、日常のシーンで使ってもモダンでお洒落な印象になります。